練馬区で植木屋に相談するなら!庭の剪定時期や生け垣の手入れ方法

練馬区で植木屋に相談するなら!庭の剪定時期や生け垣の手入れ方法

庭木や生け垣は、どれも生きている木です。成長していくので、定期的なお手入れを行う必要があります。しかし、自分で剪定をするのは大変だと感じる方も多いでしょう。

そこで利用したいのが、植木屋です。植木屋は、庭木や生け垣の剪定・お手入れなどを請け負っています。植木屋に依頼することで、庭木も生け垣もよい状態が維持できるのです。

こちらでは、お手入れをするべきシーズンや植物別のお手入れ時期・生け垣の特徴やお手入れのポイントを紹介します。練馬区で庭木や生垣の剪定やお手入れをお考えの方は、イージーオーダーガーデンへご相談ください。プロのスタッフが、親切丁寧に対応します。

剪定はいつ行えばいい?

剪定は年に2回行うのがよいです。庭木の種類によっては適している時期が異なるため、庭木に合わせて適切な時期を選びましょう。こちらでは、基本のお手入れ時期と植物別のお手入れ時期をご紹介いたします。

練馬区で剪定を植木屋に依頼するなら、イージーオーダーガーデンへご相談ください。スタッフの対応や料金、仕上がりに、多くの利用者にご満足いただいています。

手入れは夏と冬どちらがいい?

庭木によって細かい剪定時期は異なるものの、主に夏と冬に剪定を行うのが基本です。剪定のご依頼なら、プロの植木屋にお任せください。

夏季剪定

伸び過ぎた枝・葉を剪定し、樹木全体の形を整えるのが夏季剪定です。夏季剪定は通気性や日照をよくすること、枝を短くして台風で枝が折れるのを避けることを目的とします。活発になってくる害虫の発生を予防する効果もあるため、害虫に悩まされている場合は夏季剪定を行いましょう。

冬季剪定

庭木が活動し始める春に備え、不要な枝の切除や葉を大幅に減らす、大がかりな剪定を行います。新芽が5月頃に育つ庭木であれば、3~4月頃に行うのがおすすめです。落葉樹・耐寒性がある常緑針葉樹は、冬季剪定を基本とします。

植物別のお手入れ時期

基本の剪定時期は上記でご説明したとおりです。また、庭木の種類によっては適切な剪定時期が異なります。

常緑針葉樹

スギ・マツ・ゴールドクレストなどは、新芽が育つ前の3~4月に剪定しましょう。新芽が動く前に剪定した方が、バランスのよい枝葉に育ちます。形状をきれいに保ちたい場合は、夏や秋に軽く剪定をして整えましょう。

常緑広葉樹

キンモクセイ・ツバキ・サツキ・サザンカなどは、暖かい季節の剪定がおすすめです。3月下旬~4月上旬、5月下旬~6月頃に剪定を行いましょう。寒さに弱いため、11月~2月の剪定は避けることをおすすめします。く8月~10月は軽剪定ならOKです。しかし、関東以南で暖かい地域であれば、基本剪定をしても問題ありません。また、暑い時期に剪定をすると成長しづらくなることがあります。あまり大きく育てたくない場合は、あえて暑い時期に剪定をするとよいでしょう。

落葉広葉樹

アオハダ・ハナミズキなどは、落葉後の木が休眠している間に基本剪定するのがおすすめです。葉がすべて落ちて枝の状態がわかりやすい、12月~2月頃がベストシーズンでしょう。活動が活発な4・5・7・8月は、剪定によって樹液が流れ出て木がダメージを受けてしまいます。剪定は避けましょう。また、そのほかの3・6・9・10月は軽剪定であればOKです。

ご自身で剪定を行うのが難しい場合は、プロの植木屋に依頼するのがおすすめです。練馬区でプロの植木屋をお探しなら、イージーオーダーガーデンへご相談ください。保証が充実しており、料金も明確です。下記に保証内容をご紹介していますので、どうぞご覧ください。

庭の生け垣の手入れは?

生け垣は、隣接している土地との境界線代わりになったり、目隠しになったりと様々な役割を果たしてくれる、とても便利な存在です。こちらでは、生け垣の役割やメリット、生け垣のお手入れ方法を紹介します。練馬区で生け垣のお手入れを植木屋に依頼するなら、イージーオーダーガーデンへご相談ください。25年の実績と経験があります。

生け垣とは?

生け垣には、「生きている垣根」という意味があります。生きている木を並べて植え、垣根にしたものです。

生け垣の持つ役割

庭の生け垣の役割は、主に3つあります。

  • 仕切り:隣の家との境をはっきりとさせる。
  • 目隠し:家の中を見られることがないように、目隠しの役割を果たす。
  • ガーデニング:生け垣を樹木にすることで、特別に場所を設けなくてもガーデニングが楽しめる。

生け垣は、苗木を横1列に並べて植え、成長させて壁のような形状にすることを想定して作るため、丸太と竹で骨組みを作って結束し、固定して作るのが一般的です。

生け垣の高さは基本的に80㎝~1.6m程度です。その中には、高垣と呼ばれる数mの高さがある生け垣もあります。ブロック塀やフェンスでは難しい部分でも、生け垣なら補うことができるでしょう。

生け垣の使用する樹木は好みや楽しみ方で選ぶことができます。どんな樹木でも生け垣にできるわけではありません。生け垣に向いている樹木は限られているので、選ぶ際はご注意ください。

生け垣は、フェンスやブロック塀にはないメリットや特徴があります。

圧迫感があまりない

生け垣は、どんな樹木を使用するかで見た目も異なり、高さや幅も様々な大きさに仕立てられます。最低限のサイズで設計することで、フェンスやブロック塀よりも軽やかな印象になるでしょう。圧迫感が出ないので、とてもナチュラルな景観になります。

乗り越えづらく防犯対策に最適

ブロック塀やフェンスを防犯対策のために設置していても、乗り越えられてしまえば意味がありません。生け垣の場合、横向きに竹が2段設置されているだけなので、樹木がある程度成長している生け垣を乗り越えるのは困難です。

また、樹木の種類によっては、かき分けて入ろうとすると枝が接触して痛みを感じるものもあります。さらに、生け垣をかき分けると葉が揺れたり枝が折れたりする音がするので、侵入しづらいのです。防犯面では、ブロック塀やフェンスよりも優れています。

街の景観アップに役立つ

生け垣は、フェンスやブロック塀では表現できない美しさ・柔らかさがあります。しっかりと管理されている生け垣なら、住まいを際立たせる存在感を放つでしょう。住宅街でも目を惹く存在となり、街の景観アップにも役立ちます。

安全性が高い

生け垣は生きている木なので、火事が起きて火と接触しても、直ちには焼失しません。延焼時間を遅らせる効果があるでしょう。また、ブロック塀やフェンスと異なり、地震が起きたり強風が吹いたりしても倒壊しません。生け垣はブロック塀やフェンスと比べると、安全性が高いのです。

生け垣のお手入れはどうすればいい?

生け垣はきれいにお手入れされているからこそ、本来の力を発揮します。まずは、生け垣にはどんな樹木が使われるのか、見ていきましょう。

目隠し効果を高めたいとき

カクレミノ・コニファー・イチイ・キャラボクなどは目隠し効果が高い樹木です。カクレミノは東北以南でよく見かける樹木で、和風の庭園づくりに向いています。また、イチイは葉が密集しており目隠し効果が高いです。イチイの変種であるキャラボクは、温暖な地域に適しています。

  • 仕切り:隣の家との境をはっきりとさせる。
  • 目隠し:家の中を見られることがないように、目隠しの役割を果たす。
  • ガーデニング:生け垣を樹木にすることで、特別に場所を設けなくてもガーデニングが楽しめる。
花を楽しみたいとき

キンモクセイ・サザンカ・トキワマンサクなどが人気の樹木です。キンモクセイは花が咲くとともにいい香りを振りまき、小さなオレンジ色の可愛い花で見る人を楽しませてくれます。また、紅色・白色の花をつけるトキワマンサクも、生け垣向けとして人気です。葉が細かく密生するため、花が咲く樹木の中では目隠し効果も高いでしょう。

次に、生け垣のお手入れをする際のポイントを解説します。

定期的にお手入れする

生け垣は、どんな樹木を使ったとしても定期的なお手入れが必要不可欠です。定期的に剪定や枝切りをしていないと、枝や葉が伸び放題になって道路やお隣にはみ出してしまいます。

特にツルを伸ばす植物は定期的な刈り込みをしないと、伸び放題・絡まり放題になるでしょう。また、害虫の発生にもつながるので、生け垣の中に虫が住みつかないようにお手入れすることも大切です。

乾燥したら水やりをする

樹木の生け垣は、乾燥していなければ水やりをする必要はありません。しかし、植えて1年未満の場合は、まだ根がしっかりと生えておらず乾燥に弱いです。まだ植えて間もないときや晴れが続いて乾燥しているなと感じるときは、生け垣にも水やりをしましょう。

肥料を与える

生け垣は目隠しや境界の役割を果たす前に、生きている木です。肥料を与えなくてはいけません。肥料の種類は、効果が持続しやすくゆっくりと効果を発揮してくれるものを選びましょう。花や実がつく生け垣の場合、春~秋に肥料を与えましょう。

生け垣はしっかり剪定する

生け垣の剪定は、側面・上面・表面・裏面の順で剪定をします。側面は刈込バサミの刃を水平にあてるようにすると、簡単に剪定できるでしょう。バリカンの場合は下から上に持ち上げながら剪定していきます。

上面は脚立を使うとしやすいです。刈り終わったらホウキなどで叩き、余分な刈りクズを落としましょう。最後に表面・裏面の刈り込みは、生け垣側の刃を利き手に持ち、立ち位置を視点として斜め下から斜め上へと刈っていくと整いやすいです。

練馬区で生け垣のお手入れを植木屋へ依頼するなら、イージーオーダーガーデンにお任せください。丁寧な作業を心掛けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

練馬区で庭木・生け垣のお手入れを植木屋に相談するなら!

庭木や生け垣は目隠し効果・景観アップなど様々なメリットがあります。しかし、植えっぱなしで伸び放題になると近隣トラブルにも発展する可能性がありますので、しっかりお手入れを行いましょう。また、虫が棲みついて危害を加えてくる可能性もあるので、注意が必要です。

定期的にお手入れをして、美しい状態を保つ必要があります。またしっかりと成長するように水や肥料を与えましょう。自分でお手入れをするのが大変、生け垣をプロの剪定できれいに整えたいという方は、植木屋に相談することをおすすめします。植木屋であれば、樹木に合わせたお手入れ・剪定を行ってくれるでしょう。

練馬区で庭木・生垣のお手入れを植木屋に相談するなら、イージーオーダーガーデンをご利用ください。プロのスタッフが親切丁寧に対応し、料金が気になる方にもきちんと見積もりを行い、わからないことや疑問点があればスタッフがしっかりご説明します。ho練馬区のほか、関東の様々な地域に対応していますので、植木屋をお探しならどうぞお気軽にお問い合わせください。

剪定のポイントと植木屋・イージーオーダーガーデンについてご紹介

練馬区で植木屋の利用をお考えならイージーオーダーガーデン

会社名 株式会社 辰巳
代表取締役 小林 直樹
会社設立 昭和55年2月14日
資本金 15,000 ,000円
住所 〒170-0011 東京都豊島区池袋本町2丁目29−16 岡本ビル 1F
TEL 03-3982-0225
フリーダイヤル 0800-777-4128
FAX 03-3982-5462
電子メール info@easyourdergarden.com
URL https://7774128.com/
事業内容

イージー・オーダー・ガーデン(個人宅剪定サービス)
樹木保護管理
公園・道路管理
建物管理
特定労働者派遣事業
一般廃棄物収集運搬 許可番号 第972号
産業廃棄物収集運搬 許可番号 第13-00-085712号
リサイクル資源収集運搬
放置自転車の無料チェック

職員数 35人